「アフリカへ毛布をおくる運動」動画アーカイブズ

HOME  >  アフリカへ毛布をおくる運動を動画で紹介

■アフリカイ概要について

「アフリカイ」ってな~に??

2017年からアフリカへ毛布をおくる運動のキャンペーンは、「アフリカイ」をキーワードに、みなさまと一緒に取り組んできました。

引き続き、2019年の4~5月も取り組んでいきます!

アフリカイってなに?? その答えは、映像作品のなかで★



更新情報はホームページやツイッター(@JBAC2017)でもお知らせします。

 

 

■毛布をアフリカイ~JHP会員~


 

長年この運動に参加されているJHP会員 中島美江さんにお話を伺いました。

 

■フレンドリーをアフリカイ~ダイジェスト~

 

JBAC構成団体の代表者へのインタビューをダイジェストとしてまとめた映像です。

 

 

■フレンドリーをアフリカイ~立正佼成会~

 

このパートではJBACの構成団体を紹介します。
第4弾は立正佼成会の紹介です。

 

■毛布のことをアフリカイ~ボランティア経験者 1999年 南アフリカ共和国~

 

1999年、アフリカ毛布ボランティア隊としてへ南アフリカ共和国へ渡航した片岡さん。
実際に現地で活動をした片岡さんの生の声です。

 

■フレンドリーをアフリカイ~AMDA社会開発機構~

 

このパートではJBACの構成団体を紹介します。
第3弾はAMDA社会開発機構の紹介です。

 

■フレンドリーをアフリカイ〜JHP・学校をつくる会〜

 

このパートではJBACの構成団体を紹介します。
第2弾はJHP・学校をつくる会の紹介です。

■毛布のことをアフリカイ~ボランティア経験者 2016年マラウイ共和国〜

 

2016年、アフリカ毛布ボランティア隊としてマラウイ共和国へ渡航した滝澤さん。
実際に現地で活動をした滝澤さんの生の声です。

■フレンドリーをアフリカイ~JVC〜

 

このパートではJBACの構成団体を紹介します。
第1弾は日本国際ボランティアセンター(JVC)の紹介です。

 

■毛布のことをアフリカイ〜毛布を観察〜

 

3分間毛布と向き合う時間を提供します。
あなたは毛布のこと、どれくらい知っていますか? これまで意識することなかった毛布に向かいあってみましょう。

 

■アーカイブズでアフリカイ

 

本映像作品では、キャンペーン期間の学びの場を提案します。オリジナル造語<アフリカイ>を頼りに、アフリカから学ぶ場に!

※過去にアップされた映像作品が並ぶ、本ページ(アーカイブズ)を活用しながら、レッツ、アフリカイ!

 

■生きるための毛布

 

〇説明
毛布配付国の1つであるマラウイの貧困、エイズ問題、またパートナー団体マラウイ赤十字社について知ることができる映像作品です。現地での毛布配付の様子も知ることができます。

 

〇キーワード
協力者の声/毛布を受け取る人/マラウイ/配付国/毛布の温かさ/必要なもの/配付の様子/希望を与える毛布

 

■「一枚の毛布が生きていく力になる。」

〇説明
・なぜアフリカに毛布が必要なのか、日本から毛布をおくる意味、また、毛布が日本からアフリカへどのように届けられるのかがわかります。どんな人が毛布を必要としているのか、また毛布に縫い付けられたメッセージの大切さが学べる映像作品です。

 

〇キーワード
受益者の声/毛布の価値/精神的な支え/思い/メッセージ

 

■一枚の毛布が届くまで

〇説明
・日本のみなさまから協力いただいた一枚の毛布をみなさまの手からアフリカの人々へ届くまでを紹介しています。毛布に縫い付けられるメッセージが、現地の方をどれだけ勇気づけているかがわかる映像作品です。

 

〇キーワード
メッセージの大切さ/協力者の声/日本で集められた毛布が届けられるまで/1人1人の協力の大切さを伝えている/想いを届けたい

 

■バラティさんの一日~ウガンダ・ナキバル難民キャンプより~ 前編

〇説明
1960年に出来たDRコンゴやルワンダからの避難を余儀なくされた人々が集まる難民キャンプに生きる、バラティ・ガリアジョセさん(当時41歳)の1日の生活を紹介する映像作品。2007年にDRコンゴから難民としてやってきた彼女が感じる幸せとは何か。

 

〇キーワード
難民キャンプの生活/毛布を受け取る喜びを伝える/協力したい!/日常/喜び/笑顔/温かさ/明日を生きるパワー/家族みんなが喜ぶ毛布/温かいおくりもの

 

■バラティさんの一日~ウガンダ・ナキバル難民キャンプより~ 後編

〇説明
1960年に出来たDRコンゴやルワンダからの避難を余儀なくされた人々が集まる難民キャンプに生きる、バラティ・ガリアジョセさん(当時41歳)の1日の生活を紹介する映像作品。2007年にDRコンゴから難民としてやってきた彼女が感じる幸せとは何か。

 

〇キーワード
難民キャンプの生活/毛布を受け取る喜びを伝える/協力したい!/日常/喜び/笑顔/温かさ/明日を生きるパワー/家族みんなが喜ぶ毛布/温かいおくりもの

 

 

■資料編:アフリカの歴史

〇説明
・アフリカへ毛布をおくる運動を全く知らない人に、アフリカのこと、同運動のことを知ってもらうため、アフリカの歴史を紹介。

 

〇キーワード
アフリカの歴史・現状/アフリカの紹介/学ぶ/運動のお知らせ